女性専用給料ファクタリングサービス「ココシア」ってなに?ローンとは違うの?

急な冠婚葬祭や限定品のセール品の販売などの急な出費は、生活するうえでさまざま場面で出てきます。そういった時に限って給料日がまだ先で手持ちがないという悩みを抱えている女性は多いことでしょう。

また、友達同士や彼氏などと旅行に行くことになってしまったりすることもあると思います。

そういった急な出費に利用することができるのがファクタリングです。

 

給料ファクタリングとは

給料ファクタリングは、経営者ではない個人へ毎月支払われる給料を事前にファクタリング会社に買い取ってもらって、実際の給料日より前にお金を手に入れることができる方法の事を言います。

給料は労働の対価として個人に支払われるものなので、考え方を変えれば個人への給料債権といえます。

給料ファクタリングのメリット

給料ファクタリングを利用するメリットを紹介します。

ファクタリングのメリット
・給料ファクタリングは借り入れではない
・フリーター・専業主婦でも利用できる
・金利返済が不要
・会社倒産による給料未払いが防止できる

給料ファクタリングは借り入れではない

給料ファクタリングは、給料債権の買取を行ってくれるサービスなので、借入とは違います。

その為、給料ファクタリングをする際にはカードローンや消費者金融とは異なるので、信用情報の審査は行われません。信用情報の審査がないので、利用した事実が信用情報に記録されることはありません。

フリーター・専業主婦でも利用できる

給料ファクタリングは、会社勤めのOLやサラリーマンはもちろん、フリーター、専業主婦、フリーランスの方でも簡単に利用することができます。

給料ファクタリングを利用するのに必要なものは、雇用証明書や、確定申告書などを用意することができれば利用することができます。

専業主婦の方の場合、確定申告書などは手元にないと思いますが、配偶者の誰かが働いていれば申し込みを受けてくれる会社も多くあります。

金利返済が不要

給料ファクタリングは借入とは違うので、金利や利息の返済はしなくてもOKです。

給料ファクタリングは、原則として一括払いとなるので、金利がかかることはなく、借金をするのが怖いと感じる女性の方でも安心して利用することができるようになっています。

女性専用ファクタリングは何が違うの?

男性でも利用できる給料ファクタリングと女性専用ファクタリングの大きな違いは「スタッフが全員女性であること」です。

給料ファクタリングを利用する際に女性が気になるのは「変な勧誘がされないか」「騙されるんじゃないか」といったことだと思います。

しかし、スタッフが同じ女性で、丁寧に対応してくれるので、そういった不安がなく、安心して利用することができます。

ココシアのファクタリングはここが凄い!

ココシアの給料ファクタリングのポイントは、以下のようになっています。

ココシアを利用するメリット
・最短当日入金可能
・信用情報に記録が残らない
・スマートフォンで簡単に審査を完了させることができる
・LINEを使用しての書類提出が可能
・金融機関で借り入れをすることができなくてもOK
・勤務先に利用したことを知られる心配がない
・必要書類は3点のみ
・オペレータースタッフは全て女性

スマホで簡単に審査が完了する・LINEを使用しての書類提出が可能

ココシアは、申し込みフォームに利用情報を入力する事でも利用することができますが、LINEを利用した申し込み方法ができます。

LINEでの申し込み方法

LINEでの申し込み方法は以下になります。

LINEでの利用方法
・LINEでココシアを友達登録する
・トーク画面から個人情報と必要書類3点を送付する
・審査後に買取金額の連絡がくる
・申し込み先の銀行口座番号を指定して契約する
・メールアドレスに届く電子契約書の署名するのボタンをクリックする
・入金される

勤務先に利用したことを知られる心配がない

在籍確認をすることなく利用することができる為、勤務先に在籍確認の電話が来ることがありません。

その為、会社の人に利用したことを知られることなく利用することができます。

ココシアで必要な書類は3点だけ

ココシアの審査に必要な書類は以下の3点のみになります。

出典:ココシア

必要書類
・顔写真付きの身分証明書
・社会保険証
・通帳2カ月分

ココシアは社会保険証を持っている会社員が利用することができるものになります。

その為、国民健康保険証で申し込みを行うことはできません。

さらに以下のものがあると審査を速く完了させることができます。

あるといいもの
・公共料金証明書
・住民票
・社員証
・名刺
・給料明細書

準備ができるものがあるなら用意しておきましょう!

こんなファクタリング会社はやめておいた方がいいですよ!

ファクタリング会社のほとんどは法律にのっとって運営を行っていますが、中には悪徳会社もあります。

悪徳会社に騙されないようにするために、以下のようなことをしてくる会社は注意する必要があります。

気をつけたいファクタリング会社の例
・手数料が安すぎる
・審査で手数料が積み増しされる
・分割支払い可能であることをウリにしてくる

手数料が安すぎる

通常のファクタリング会社の場合、手数料は10%~30%程度であることが一般的です。ただしほとんど会社は10%~と記載があり、審査をしてみて正確な手数料を決める事が多いです。

しかし、中には5%前後破格の手数料をウリにしている会社もあります。通常、コストやリスクを考えた時、5%前後の手数料でファクタリングを行ってくれる会社はありません。

手数料が安すぎるファクタリング会社はできるだけ避けるべきでしょう。

審査で手数料が積み増しされる

正常なファクタリング会社である場合、帝国データバンクやJICCから顧客信用を確認してから売掛先の財務状況を確認するといった手順を踏んで審査を進めていくことになります。

その為、ある程度の時間がかかるのが一般的です。

しかし、悪徳会社の場合、各目として審査をするだけになるので、正式な手順は踏みません。大体30分~1時間程度で審査完了の電話がかかってくるのですが、このタイミングで手数料の積み増しを打診をしてくる可能性があります。

真っ当なファクタリング会社は手数料は審査の段階で正確な手数料がどれくらいかかるのかを提示してくれますが、積み増しをしてくることはありません。

分割支払い可能であることをウリにしている

給料ファクタリングは、支払いを分割決済にすることは不可能です。

ファクタリングの支払いを分割にしてしまうと、金利が生じることになるので融資とみなされてしまいます。

融資ではないことがウリなのがファクタリングなので、分割払い可能と言っているファクタリング会社を利用するのは避けるようにしましょう。

まとめ

給料ファクタリングは、ローンを組んでお金を借りるわけではないので、借金をする感覚がなく、気軽に利用できる為、女性でも気軽に利用することができます。

申し込みがスマホ1台で簡単にでき、書類情報もLINEで送付することができるので、どこにいても簡単に利用できます。

また、女性専用の給料ファクタリングなので、スタッフは全員女性というのも安心できる点です。

急にお金が必要になった時などに、是非利用してみてくださいね!